株式会社川﨑構造設計 便り

福岡市南区の構造設計一級建築士事務所のブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

福岡ドーム

こんにちは。スタッフの山部です。

先日、野球観戦の為、「福岡 ヤフオク!ドーム」に行ってきました。
今回は福岡ドームの特徴である開閉式屋根等について紹介します。
福岡ドーム(1993年3月竣工)は古代ローマのコロシアムをモチーフとした、日本初の開閉式屋根構造のドームです。
福岡ドームはネーミングライツにより、現在の名称になっています。
1 yafuoku

開閉式屋根は直径約200mの空間を覆う3枚の鉄骨造屋根パネルで構成されています。
屋根鉄骨はラメラトラス構造と呼ばれるもので、ドームの平面を中心から放射状に分割したトラスと同芯円方向のトラスで三角形のグリッドを構成する架構形式となっています。ラメラ構造は部材応力が比較的均一に作用することや他の構造形式より部材数が少なくなる等の特徴があります。
2 yafuoku

開閉形式は3枚のパネルのうち下段の1枚が固定され、上段と中段の2枚のパネルが旋回移動します。
全開閉に掛かる時間は20分程で、全開時の開口率は60%になります。
新聞記事によると、1回の開閉に掛かる費用は電気代、人件費等含め約100万円とのことです。
ドーム周辺には病院や住宅地があるため、騒音問題等を理由に、屋根が開いた状態でプロ野球の公式戦が行われることはほとんどありません。(年に2~3回のみ開催されるルーフオープンデーでは屋根を解放したまま試合を行います。試合後にルーフオープンショーとして開閉するイベントも時々行っています。)
下写真は去年、試合後に行われたルーフオープンショーの時の様子です。
3 yafuoku
ドームの内壁側を見てみると、下写真の2つの筒状の軸流ファンがドーム内に8か所設けられています。
これは、冷房時にはファンを円周方向に向け、旋回する空気の流れを作っています。
ドーム内は気流を含めた快適指数による空調の制御を行っており、気流によって体感を向上させて省エネを図っているのだそうです。
4 yafuoku

以上、福岡ドームの屋根を中心にご紹介しました。
今回紹介できませんでしたが、福岡ドームは様々な設備が充実しており、
見ているだけでも楽しいです。
野球観戦に興味が無い人も是非行ってみてはいかがでしょうか。





| 未分類 | 09:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年のゴールデンウイークは。

こんにちは、スタッフの川崎です。

今年のゴールデンウイークはカレンダー通り営業します。
宜しくお願い致します。

| 未分類 | 09:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

陶板浴

こんにちは スタッフの西です。

今回は身体に優しいお話です。

皆さんは“陶板浴”って知っていますか?
人工的に作られた陶材を使用し、サウナほど高温ではなく、岩盤浴
ほど多湿状態ではない浴室で横になった状態で安静に過ごす。
これが、陶板浴です。
なので、身体に負担が少なく心臓の弱い方、高血圧の方、年配の方
など利用しやすいと思います。

私が今回利用した陶板浴のサロンでは、陶材及び壁材に特殊な酵素を
染込ませてありました。
どのような効果を目的としているかと言うと、
「抗酸化効果を高め、体内の細胞を活性化させる効果」
「体温を上げて免疫力を上げる効果」
他にもあるようですが、私の興味がある2つを挙げてみました。

toubanyoku.jpg


利用方法は、サロンが用意した綿素材の着衣に着替えて、バスタオル(サロンのもの)を陶板の上に敷き、
そこに横になるだけです。(仰向けでも、うつ伏せでも)
リラックスできますよ、本当に。。。
ちょっと続けてみようかな♥♥♥

toubanyoku2.jpg

陶板浴を利用する前後には、しっかり水分を取ります。
最初はお水とジュース。
最後はお水とヨーグルトを出して頂きました。
全て、抗酸化溶液配合ペールで作られたものです。


スッキリした帰りに、ココでこんな物を買っちゃいました。

toubanyoku4.jpg

  <抗酸化溶液配合ペール>
 酸化を防ぐので夏場特に気になる生ごみなどの臭い対策に。
 そうかと思えば、ドリンクやヨーグルトぬか漬けなども出来ます。
 私は、飲み水や料理全般の水に使っています。

toubanyoku3.jpg

<保存パック>                                                                   
  米・野菜・肉・魚・加工食品の鮮度保持。
  こちらも酸化防止が期待できるので、
  においが気になるものを入れても良いですね。
  私は、野菜をこのパックに入れて鮮度保持に使っています。
  しかも、洗えば半永久的に使えます。

| 未分類 | 12:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

国立西洋美術館

こんにちは!スタッフの川崎です。
今回は国立西洋美術館について少し紹介します。
写真は私が5月に訪れた時のものです。

美術館外観

2016年に世界遺産登録されたばかりの国立西洋美術館は
東京、上野にある、ル・コルビュジエの建築作品です。
特に、彼が他界した1965年の10年前、1955年の作品で、
それまで積み重ね考えられた手法や特徴をみることができます。

ル・コルビュジエがまとめた近代建築を成り立たせる要点があります。

●近代建築の5つの要点
 1.ピロティ
 2.屋上庭園
 3.自由な間取り(平面)
 4.横長の窓(水平に連続する窓)
 5.自由な立面(ファサード)
     建物の荷重が柱で支えられたことで、外壁はパネルや
     ガラスで自由にデザインすることができます。

また、
●無限成長美術館
コレクションの増加に対応するため、まず中心の核となる部屋を作り、作品の増加とともにらせん状に外側へ展示室を増築していくというアイディアがもととなり、中央ホールから始まる四角い螺旋状の展示室を巡ることができる

といった美術館計画もあります。

美術館室内2

美術館室内1
(内観写真 2階から19世紀ホールを眺める)

現在の国立西洋美術館はル・コルビュジエの設計・建築当時から
何度も改築変更されているようで、
受付カウンターやソファが外され、
広いピロティの一部が室内化されていたり、
外壁のパネルが新しいパネルに交換されていたり、
木の内壁が外されていたりしているようです。

なのになぜ世界遺産?とも思いましたが、
そもそも「無限成長美術館」の原理に基づいて設計されているようで、
フレキシブルに変更出来るようになっていたんですね。


日本初の免震レトロフィットを(免震部材)も採用されており、
地下階から見ることが出来ました。

さて、美術館では企画展と常設展が行われていましたが、
私は常設展のみに行きました。
個人的に気に入ったのは、この果物の絵画。
果物の絵

ぶとうの透明感に驚きました。
5月28日まで公開されていたデンマーク、スケーエン
「デンマークの芸術家村」という展示も、
写真よりリアルで美しいと思った程良かったです。

| 未分類 | 10:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木造伝統構法設計のための告示の合理化

こんにちは。スタッフの福島です。
 
昨年、木造関係規定において見直しが行われ、伝統的な木造構法により建築が円滑にできるように告示が改正されました。大きく以下の3項目の改正になるようです。


写真1(福島)

写真2(福島)

写真3(福島)

以上です。これらの規定を満足できないような建物については、確認申請は限界耐力計算による設計での対応になります。弊社では限界耐力計算による設計での対応も可能です。




○お知らせ○
ブログ担当者がお休みをいただいているため、
今後の更新が遅れることがございます。




| 未分類 | 11:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT