株式会社川﨑構造設計 便り

福岡市南区の構造設計一級建築士事務所のブログです。


○お知らせ○
当社出版の「在来軸組工法住宅の設計手法」購入の皆様へ

ホームページ出版のところで今年9月頃から新しい情報発信行う予定と
書いていますが、ホームページ管理者が現在長期休暇中となって
新規情報発信開始が遅れています。再活動は来年1月頃になるかと思います。
今しばらくお待ち下さい。

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

木造住宅の耐震診断

皆様、こんにちは。
スタッフの加藤です。

先日、とある意匠事務所の方から
木造住宅の耐震診断についてご質問を受けました。
そこで、「木造住宅の耐震診断と補強方法:財団法人日本建築防災協会」を参考に
私なりに少しまとめてみました。

耐震診断」とは、一言で言うと、
既に建っている建物が、実際に地震が起こった際、
安全に使えるかどうかを見極めるための行為
」です。

既に建っている建物と言っても、つい1年前に建てられた建物と、
10年前に建てられた建物、50年前に建てられた建物では、
建てられた時代によって使用した材料や設計方法、
また時間の経過に伴って起こる老朽化の程度も異なります。

特に設計方法に関して取り上げると、
建物を建てる際に必ず守らなければならない国の基準である、
「建築基準法」は、建築技術の発展や設計法の進歩、
実際に起こった地震による被害状況などを考慮し、
これまでに改正を繰り返してきました。

その中でも、昭和56年(1981年)の改正は「新耐震設計法」や「新耐震基準」と呼ばれ
現在でも大まかにはこの基準を元に設計が進められています。

そこで耐震診断では、昭和56年(1981年)を境として、
この年以前に設計され竣工した建物と、
それ以降の建物を区別して考えることが良くあります。

木造住宅の耐震診断においても同様ではありますが、
社団法人 日本建築防災協会 発行の
「木造住宅の耐震診断と補強方法」の本を開いてみますと、
昭和56年以降に適法に建築され、劣化等の問題が無いものは一応安全と考えられる。
しかし平成12年に柱の接合方法や壁の配置についての具体的に規制基準をみたす方法が明示されるまでの間に建築された住宅については、その耐震性能に幅があることが考えられる。
」と書かれています。

木造の建物に関しては、平成12年にも「品確法性能表示制度」と合わせて法改正が起こっていますので、
割と新しい建物(築10数年の建物)でも注意が必要です。

ご自分の住まいの耐震性が心配な方は、
まずは「誰でもできる我が家の耐震診断」にてチェックをしてみましょう。
日本建築防災協会HPより
http://www.kenchiku-bosai.or.jp/wagayare/taisin_flash.html

それでも心配な方は、専門家にご相談下さい。

当社も木造住宅の耐震診断を承っております。
どうぞお気軽にご相談下さい。

| コラム | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |