株式会社川﨑構造設計 便り

福岡市南区の構造設計一級建築士事務所のブログです。


○お知らせ○
当社出版の「在来軸組工法住宅の設計手法」購入の皆様へ

ホームページ出版のところで今年9月頃から新しい情報発信行う予定と
書いていますが、ホームページ管理者が現在長期休暇中となって
新規情報発信開始が遅れています。再活動は来年1月頃になるかと思います。
今しばらくお待ち下さい。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

連続講座のお知らせ

こんにちは、スタッフの川﨑です。
今回は、新建福岡の連続講座「新建ゼミ2016」の紹介をします。

構成は次の4シリーズ。いずれも興味深いテーマです。

5月■シリーズA 『建築技術者に贈る長生き建物のススメ』
7月■シリーズB 『伝統木構法の実践』
9月■シリーズC 『パッシブデザインの実際』
11月■シリーズD 『ワークショップを用いた計画手法』

現在は第1弾となる「シリーズA」の受講者を募集中です。
第1回目は終了してしまいましたが、まだまだ講座は続きます。
次回はシリーズAの第2回目です。

断熱についての知識不足が木造躯体を腐らせてしまった、ちょっとした雨仕舞の配慮不足から防水がやられた、鉄筋が爆裂した、などなどです。
熊本震災の被災状況もお話ししてくださいます。
******************* 第1弾! *******************
<シリーズA『建築技術者に贈る長生き建物のススメ』>

講師:片井建築設計事務所 片井克美氏
主旨:欧米に比べ新築工事の割合が多い日本の建築事情ですが、時代の要請はリニューアル・リノベーションに向かっています。既存のストックを生かし、安全で快適な暮らしを持続するために何が必要か、準備をしておきたいところです。

第1回 5/10(火) 鉄筋コンクリートの劣化を防ぐ設計監理
第2回 5/24(火) 建物が人を襲う 危険な建物の実態
第3回 5/31(火) 欠陥建築を防ぐために
************************************************
この連続講座のチラシ及び申込は以下のリンクをご覧ください。
連続講座のチラシ及び申込先

連続講座の案内チラシ

宜しくお願いします。

| 新建築家技術者集団 | 10:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新建福岡40周年記念講演会の報告

皆様、こんにちは。
スタッフの加藤です。

平成24年2月25日に パナソニックリビングショールームにおきまして
新建築家技術者集団福岡支部40周年記念講演会が行なわれました。

新建40周年講演1

2月24日(金)~26日(日)の3日間、
東京支部より山本厚生氏、黒崎羊二氏を講師として迎え、
建築関係の他団体の方にも多数ご参加頂きまして、
見学会、講演会、パーティが盛大に執り行われました。

↓講演:山本 厚生氏
新建40周年講演2

↓講演:黒崎 羊二氏
新建40周年講演3

一貫して語られていたのは、住まいづくり、まちづくりの主体者は誰か?ということです。

「住まいづくり・まちづくりの主体者はその家やまちに暮らす住人であり、
私達設計者は、主体者(住人)の立場に立って十人十色の要望をかなえる為に
知識や技術を駆使しながら責任を持って働き、理想の実現に向けて努力していかなければならない。」

そのようにお二人のメッセージを受け取りました。

3.11の震災以降、少しずつ人々の意識が変わり始めています。
「商品」としての「住まい」や「まち」ではなく、
そこに暮らす人々が真に安心して暮らせる安全で豊かな空間を作るために、
わが社も構造設計を通して誠実に取り組んでまいりたいと思います。

| 新建築家技術者集団 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新建福岡40周年記念 講演会

皆様、こんにちは。
ずいぶん、ご無沙汰しておりました。
スタッフの加藤です。

来る2月25日(土)に新建福岡40周年記念講演会を開催いたします。
東京より、山本厚生氏、黒崎羊二氏を招いて
「暮らしを支える 住まい・まちづくり」と題して行なわれます。
長崎市内見学や大宰府・博多街歩きの企画もございます。
どうぞ、ご出席下さい。


ご案内状           新建築家技術者集団福岡支部 代表幹事
                            片井克美
拝啓
厳寒の候 ますますご清祥のこととお喜び申しあげます。
 私たち、「新建築家技術者集団」(略称 新建)は1970年の結成以来
「住む人、使う人建築運動の団体として活動してまいりました。
昨年の東日本大震災に対しても、被災地(東北だけでなく関東や信越を含
めた)の活動と協働して、その復興(暮らしの再建)を支援することを目的
に新建東日本大震災復興支援 会議を設立し、継続した活動をおこな
っています。
 福岡支部においてはこの度、設立40周年事業として、新建の活動を各
界の皆様にお伝えする「新建学校」として記念講演会を開催いたすこと
になりました。 合わせて、記念パーティーも行います。
ご多忙のおりとは存じますが、記念講演会、記念パーティーにご出席
賜りたく、ご案内申し上げます。
敬具

[参加の連絡]
同封の参加申込書を事務局までファックス・メールでお送り下さい。
もしくは支部の HP にアクセスください。
 
記念講演会(新建学校2012)
『暮らしを支える住まい・まちづくり』
◆日時:2012年2月25日(土) 開演16:00~18:30
◆場所:パナソニック リビングショールーム福岡3階
◆講演者:山本厚生・黒崎羊二(両氏とも新建築家技術者集団会員)
◆会費:1000円 (学生500円)

40周年記念パーティー
◆2012年2月25日(土) 19:00~21:00
◆場所:福岡東映ホテル
◆会費:5000円 (学生3000円)

見学会
◆2012年2月24日(金) 長崎市内の見学会(一泊を予定)
◆2012年2月26日(日) 福岡市近郊の見学会    
 ※詳細は HP 等で再案内

新建福岡40周年記念

| 新建築家技術者集団 | 13:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新建築家技術者集団福岡支部 唐津慰安旅行 その1

皆様、こんにちは。
スタッフの加藤です。

去る、2月19日(土)20(日)の2日間、
新建築家技術者集団福岡支部の慰安旅行で唐津に行ってきました。


新建唐津5


慰安旅行といっても、建築家の集団ですので、
見学会を兼ねた行程でとても勉強になりました。

新建唐津4


まずは、旧高取邸。

新建唐津1


新建唐津2

ここは、去年の7月に行なわれたJSCA木造部会の伊万里見学会の際も見学しました。
文化財なので、建物の中の写真は撮れないのですが、
なんといっても、個人の家に能舞台があるというのが、高取邸の見所。
2階の大広間からの玄界灘の眺めや、寺のような仏間、茶室の網代天井も一見の価値があります。
和風建築でありながら、アールヌーボーのシャンデリアや洋室があり、
外にはワイナリーまであるのがこの屋敷の面白さ。
しかしこれが変にゴテゴテしてなくて、センスの良さが伺えます。
そして、文化財に指定されたポイントの一つである杉戸絵や欄間の意匠も、
その数とクオリティーの高さに惚れ惚れです。


旧高取邸の見学が終わったら、唐津茶屋にて昼食。

新建唐津3

ここで、会員のKさんが次の見学地である旧唐津銀行(現在改装工事中)の
内装工事(カーテン・じゅうたん・リノリウム・天然スレート屋根等)を
担当されたということで、予習を兼ねてレクチャーをして頂きました。


改装中の旧唐津銀行
3月のオープンに向けて現在は内装のと地下のレストランの工事を行なっていました。

新建唐津6



新建唐津7


実は今回、唐津市観光課方からの「オープンまで見学はできません。」と断られたそうですが、
この旅行の世話人のFさんの交渉によって、建築家の集団の勉強会ということで特別に許可を頂いたそうです。
おまけに、唐津市の職員の方による説明もして頂きました。
Fさん、職員の皆さん、ありがとうございました。

新建唐津8




唐津茶屋にてレクチャーを受けた壁紙。
Kさんの仕事です。
この壁紙の下地は和紙を6層貼っているそうです。

新建唐津10



この部屋のカーテンとじゅうたんもKさんの仕事です。
カーテンは昔の写真を基にアーチを復元しています。
じゅうたんは白黒写真から、模様と色を割り出して復元したそうです。

新建唐津11

そして、なんといっても、リノリウム施工の世界チャンピオン(福岡在住)が張ったこの床を見てください。

新建唐津12

リノリウムは亜麻仁油を原料に作られた天然素材の床材で、
抗菌効果があり病院の床などでよく利用されるそうです。
天然素材であるがゆえに、上手に張らないと割れるそうで、
特に廊下などのドアの欠き込み等で凹凸が多く長い場所に張るときは、
細心の注意を払って施工しても割れゼロは難しいとの事。
しかし、今回は世界チャンピオンの技術力で割れなしで仕上がったそうです。

(おまけ)
リノリウムは国内では作られておらず、ほとんどが輸入品。
今回はフランスから輸入したそうで、
商品が予定とは違う港に荷揚げされ無事に手元に届くかハラハラしたそう。


その後は、「今後100年は開くことがないだろう。」と
職員の方が言われた小屋裏へ案内していただきました。
階段もオシャレです。

新建唐津13


小屋裏では、改修工事の際に復元に使用した材料や
元々建物に使われていたが、今回の改修では使はなかった部品等を
次回の改修の際の参考とするために資料として保存しているそうです。

新建唐津14


長くなるので割愛しますが、
他にも、屋根に使われている天然スレート版の話やひげ付木摺りの話など、
本当に勉強になる話ばかりでとても充実した見学会でした。

この後は、マイクロバスにて国民宿舎いろは島荘へ移動し、
温泉、宴会を楽しみました。

次回は充実の2日目の様子をレポートします。
お楽しみに。

| 新建築家技術者集団 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新建築家技術者集団 創立40周年記念 全国研究集会 in 福岡

新建築家技術者集団 創立40周年記念

「 全国研究集会 in 福岡 」 のお知らせ。

締め切りが迫っています!!

興味のある方はぜひご参加下さい!

詳細は下記HPにあります。


http://www.ne.jp/asahi/shinken/tokyo/news/zenkokukensyu2010-2.htm


(初日の懇親会では、川絵里が中国琵琶を演奏予定です。)





以下HPより転載


日 程 11月20日(土) - 22日(月)

 ◇◇◇ 建築を通して幸せに暮らす ◇◇◇  
11月20日(土)
13:00- 受付
14:30-15:00- 開講式・ガイダンス
15:00-16:30 記念講演 第一部「300年住宅への想い」
 福永 博 氏 (福永建築研究所所長・新建会員)
16:50-18:20 記念講演 第二部「超高層から茅葺きへ」
 池田 武邦 氏 (元日本設計社長・霞が関ビル・ハウステンボス)
18:30-19:00 分科会ガイダンス
20:00-22:00 懇親会

11月21日(日)
09:00-12:30 「分科会A」
 1) 建築法体系見直し
 2) 地域住宅生産システム
 3) 風土と環境デザイン
 4) ストックの再生活用
 5) 都市(再)開発の再考

12:30-13:00 昼食
13:30-17:20 「分科会B」
 1) 伝統構法と民家再生
 2) 品質確保のための制度のあり方
 3) 伝統的町並み保存
 4) 福祉とまちづくり
 5) 子どもの発達と施設づくり
 6) 住まいづくり
 7) 新たな集住
19:00-21:00 懇親会

11月22日(月)
09:00- 「見学会」
・A:博多周辺 ~秋の300年住宅と歴史ある博多町並みの散策~
   (※15:00 博多駅周辺で終了)
・B:うきは・吉井 ~伝統を活かす吉井町並みと浮羽の茅葺民家群めぐり~
   (※17:00 博多駅周辺で終了)


会 場

国立夜須高原青少年自然の家
  〒838-0202 福岡県朝倉郡筑前町三箇山1103
  TEL:0946-42-5811 FAX:0946-42-5880
  HP http://yasu.niye.go.jp/


参加申し込み

【申込書】に、必要事項をご記入のうえ、
FAXまたはメールで下記までお送り頂き、
振込期日までに参加費を指定口座にお振り込み下さい。
※申込用紙は、参加者一人につき一枚をご記入ください。 

新建築家技術者集団
 〒162-0811 東京都新宿区水道橋2-8長島ビル2F
 TEL 03-3260-9800 / FAX 03-3260-9811
 E-mail shinken@tokyo.email.ne.jp
 <銀行口座>
  みずほ銀行新宿新都心支店 
  普通3914020 新建築技術者集団
申込締切・振込期日

2010年10月30日(土)
※定員になり次第、申込みを締め切らせていただきます。
内容についての問合せ

新建築家技術者集団 福岡支部(担当:鹿瀬島)
 〒815-0041 福岡市南区野間3-9-20コニシビル4F
 TEL&FAX 092-541-8128
 E-mail k-platz@kmail.plala.or.jp
 HP http://www.shinken-fukuoka.net/

主 催
新建築家技術者集団
 〒162-0811 東京都新宿区水道橋2-8長島ビル2F
 TEL 03-3260-9800 / FAX 03-3260-9811
 E-mail shinken@tokyo.email.ne.jp

| 新建築家技術者集団 | 11:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT