FC2ブログ

株式会社川﨑構造設計 便り

福岡市南区の構造設計一級建築士事務所のブログです。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

弓道場

こんにちは。スタッフの宮崎です。

先日、株式会社香月肇設計事務所 様 から弊社で構造設計をさせて頂いた弓道場が竣工したので見に来られませんかと御声掛けを頂いたので見学してきました。
設計:株式会社香月肇設計事務所
施工:株式会社安恒組
弓道場は弓を射る場所である「射場」、的が置いてある「近的的場」、それらをつなぐ「矢取道」の3つの建物で構成されています。
下の写真は「射場」の外観です。木造平屋建て、寄棟屋根であり、最大スパン約12mを有しています。
kyudo (01)


続いて「射場」の内観写真です。白い鉛直材はシャッターの支柱です。建物を使用する際は取り外されています。気持ちの良い板張りの空間でした。
kyudo (02)


「近的的場」と「矢取道」の外観写真です。
kyudo (03)


「近的的場」の写真です。鉄骨造平屋建て、屋根のみ木造となっております。建物の見た目は射場に合わせてあります。
kyudo (04)


「矢取道」の写真です。こちらも木造ですが、3つの建物の見た目が調和しており、一つの弓道場としてまとまってるように感じました。
kyudo (05)


矢取道の追っ掛け大栓継ぎの写真です。今回の木材の加工はこのように全て手刻みで行われているそうです。構造的にもうれしい要素です。
kyudo (06)


新しい弓道場で部活動に励む弓道部員のはつらつとした姿が目に浮かぶような建物でした。
普段は会社でじっとしているため、竣工した建物の見学は非常に有意義と感じました。

| 設計業務 | 19:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

鉄骨造の現場監理に行ってきました

こんにちは。スタッフの中島です。
弊社で構造設計を担当した大分の旅館施設の現場監理に行ってきました。

はなみずき1
1階がRC造の設備フロア、2階がロビー・大浴場フロア、
3~4階が客室フロアで共に鉄骨造となっております。




はなみずき2
鉄骨の骨組みはほとんど組み上がっています。
今回の監理は鉄骨の柱と梁の交差部の確認でした。




はなみずき3
通常は左側の梁のように柱から少し離してジョイントを設けてボルト接合しますが、
今回は、ほとんどで右側の梁のように柱の際で接合する現場溶接工法を採用しています。




はなみずき4
拡大するとこのようになっています。
順序としては柱を建て方した後、梁を運んできてウェブ部分でボルト接合します。
その後、フランジの柱に当たる箇所を現場で溶接します。通常この部分は工場で溶接しますが、
現場溶接であった為、全ての箇所の超音波探傷試験(溶接欠陥の有無)を行いました。


今回この現場溶接工法を採用した理由はさまざま有るようですが、
ひとつは工場からの輸送トラックでよりたくさんの鉄骨を運んで輸送コストを小さくする狙いが
あったようです。通常は下の写真のように柱から梁が何本も出ていることで、
柱は数本しかトラックに載せれませんし、積み込みにも数時間かかることがあるそうですが、
梁が無いために柱を早くたくさん輸送できるのです。
はなみずき5
[インターネットより転載]





はなみずき6

当日は雪が散らつく寒さでしたので、温泉街の湯けむりも力強くあがっていました。



中島






年末年始休業期間


2017年12月29日(金)~2018年1月5日(金)

本年中は格別のお引き立てを賜り、誠に有難く厚く御礼申し上げます。
来年もより一層のご支援を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。




| 設計業務 | 14:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

H邸 ~壁式鉄筋コンクリート造~

こんにちは。
スタッフの中島です。
随分前の事になってしまいますが、
弊社が構造設計を担当したH邸の
竣工時にお邪魔することが出来ましたので写真にて紹介します。

H邸6

壁式鉄筋コンクリート構造3階建の住宅です。
マンションに囲まれた狭小敷地の中に、
すっぽりと収まったようなたたずまいです。

敷地と建物がギリギリまで接近しているのに対し、
杭打機は敷地ギリギリに打てないので、杭の位置が建物の壁の真下よりも内側になりました。
これにより偏心応力が発生しますが、対応した設計を行いました。

H邸8

こちらは鉄骨階段です。
これも弊社で構造計算を行いました。
かなりすっきりとしたプロポーションになりました。

H邸1

最近では今回の様な狭小敷地や傾斜地の物件など、
難しい条件での設計が多いですが、
皆様に当たり前の安心を届けられるように日々精進してまいります!

中島

| 設計業務 | 12:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

地下車庫の設計

皆様、こんにちは。
スタッフの加藤です。

弊社が構造設計しました地下車庫の横を通りましたので
写真を撮ってきました。

ちなみに、これが施工前のBefore写真。
地下車庫3


写真右側の白いコンクリートの部分が今回設計した地下車庫です。
地下車庫1
とてもスマートに納まっていますね。


外から見ただけではは分かりにくいですが、
土の中ではこの様な形になっています。
地下車庫2
車庫の上に2.8mの土が載っていますので、
土圧に耐えるため厚い壁と床で箱型が作られています。
外からは見えませんが梁も入っています。

日頃、風景として気にせず通り過ぎてしまう所に
構造設計の技術が隠されています。

『力』を意識して街を歩くと思わぬ発見があるかもしれませんね。

| 設計業務 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

木造幼稚園の耐震診断と補強

皆様、こんにちは。
スタッフの加藤です。

8月最後の週に木造幼稚園の耐震診断の現場調査へ行ってきました。
幼稚園耐震1

予報では午後からは雨が降るとの事でしたので、
まずは外回りから調査をしました。

鉄筋探査の様子
幼稚園耐震2
40年前に施工された幼稚園ですので、
基礎に鉄筋が入っているか念入りに調べました。

次に内部の壁の調査。
幼稚園耐震3
壁の長さ、開口寸法、垂壁(たれかべ)腰壁(こしかべ)の長さをすべて調べます。
木造の耐震診断には一般診断と精密診断の2つがあります。
今回はどちらの診断方法にも対応できるようにチェックしました。


壁の調査が終わったら床下の調査。
幼稚園耐震4
以前、白蟻の被害があったそうで、今はきれいに補修されていました◎

最後に屋根裏も調査しました。
幼稚園耐震5

これから耐震診断と補強の検討です。

| 設計業務 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT