株式会社川﨑構造設計 便り

福岡市南区の構造設計一級建築士事務所のブログです。

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

新建築家技術者集団 創立40周年記念 全国研究集会 in 福岡

新建築家技術者集団 創立40周年記念

「 全国研究集会 in 福岡 」 のお知らせ。

締め切りが迫っています!!

興味のある方はぜひご参加下さい!

詳細は下記HPにあります。


http://www.ne.jp/asahi/shinken/tokyo/news/zenkokukensyu2010-2.htm


(初日の懇親会では、川絵里が中国琵琶を演奏予定です。)





以下HPより転載


日 程 11月20日(土) - 22日(月)

 ◇◇◇ 建築を通して幸せに暮らす ◇◇◇  
11月20日(土)
13:00- 受付
14:30-15:00- 開講式・ガイダンス
15:00-16:30 記念講演 第一部「300年住宅への想い」
 福永 博 氏 (福永建築研究所所長・新建会員)
16:50-18:20 記念講演 第二部「超高層から茅葺きへ」
 池田 武邦 氏 (元日本設計社長・霞が関ビル・ハウステンボス)
18:30-19:00 分科会ガイダンス
20:00-22:00 懇親会

11月21日(日)
09:00-12:30 「分科会A」
 1) 建築法体系見直し
 2) 地域住宅生産システム
 3) 風土と環境デザイン
 4) ストックの再生活用
 5) 都市(再)開発の再考

12:30-13:00 昼食
13:30-17:20 「分科会B」
 1) 伝統構法と民家再生
 2) 品質確保のための制度のあり方
 3) 伝統的町並み保存
 4) 福祉とまちづくり
 5) 子どもの発達と施設づくり
 6) 住まいづくり
 7) 新たな集住
19:00-21:00 懇親会

11月22日(月)
09:00- 「見学会」
・A:博多周辺 ~秋の300年住宅と歴史ある博多町並みの散策~
   (※15:00 博多駅周辺で終了)
・B:うきは・吉井 ~伝統を活かす吉井町並みと浮羽の茅葺民家群めぐり~
   (※17:00 博多駅周辺で終了)


会 場

国立夜須高原青少年自然の家
  〒838-0202 福岡県朝倉郡筑前町三箇山1103
  TEL:0946-42-5811 FAX:0946-42-5880
  HP http://yasu.niye.go.jp/


参加申し込み

【申込書】に、必要事項をご記入のうえ、
FAXまたはメールで下記までお送り頂き、
振込期日までに参加費を指定口座にお振り込み下さい。
※申込用紙は、参加者一人につき一枚をご記入ください。 

新建築家技術者集団
 〒162-0811 東京都新宿区水道橋2-8長島ビル2F
 TEL 03-3260-9800 / FAX 03-3260-9811
 E-mail shinken@tokyo.email.ne.jp
 <銀行口座>
  みずほ銀行新宿新都心支店 
  普通3914020 新建築技術者集団
申込締切・振込期日

2010年10月30日(土)
※定員になり次第、申込みを締め切らせていただきます。
内容についての問合せ

新建築家技術者集団 福岡支部(担当:鹿瀬島)
 〒815-0041 福岡市南区野間3-9-20コニシビル4F
 TEL&FAX 092-541-8128
 E-mail k-platz@kmail.plala.or.jp
 HP http://www.shinken-fukuoka.net/

主 催
新建築家技術者集団
 〒162-0811 東京都新宿区水道橋2-8長島ビル2F
 TEL 03-3260-9800 / FAX 03-3260-9811
 E-mail shinken@tokyo.email.ne.jp

| 新建築家技術者集団 | 11:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

薦野公民館 トラス梁上棟

皆様、こんにちは。
スタッフの加藤です。

弊社が構造設計を手がけた薦野公民館(木造・平屋・トラス屋根)の
トラス梁が10月14日(木)~16日(土)にかけて、
上棟されると設計施工の尾塚建設さんから伺いましたので、
14日(木)に現場へ行ってきました!

トラス2




トラス7

上弦材、下弦材は390成のベイマツ製材2本を追掛け大栓継ぎで繋いでいます。
継手の補強のため、追掛け大栓を添え板で挟んでボルト締めしました。
材料はプレカットではなく、すべて手刻みで加工しています。



トラス0

まずは、寝かせた状態で上弦材と下弦材を組み立てて、クレーンで起こします。



トラス1

トラスを立てたら、倒れないようにクレーンで吊りながら
挟み束と、束(この上にR屋根を乗せる)を取り付けます。
棟梁のこだわりで、束材も年代物のヒノキを使っています。
香りがよく、年輪もかなりつまってます。



トラス4

スパン約15.3mの所には、
トラス梁の剛性をUPさせるため、
算定外として構造用合板を貼り付けました。



トラス3

釘は、CN50(緑:2×4用太め鉄丸くぎ)を使っています。
NC50(金:ロール釘)は断面積が半分程度と細く、
せん断強度もCN釘の半分程度しかありません。
CNとNCで紛らわしいですね。
間違えないように注意が必要です。



トラス5

トラスの鋭角端は支圧による受梁へのめり込みを防ぐために、
添え柱を設計しました。
添え柱はエポキシ樹脂でボルト穴を塞ぎ、柱と完全に一体化させます。
エポキシ樹脂の硬化が早く、施工が大変そうでした。



トラス6

いよいよ、トラス梁がクレーンで上げられ所定の位置に移動します。
下弦材には、たわみ防止のために「むくり」をつけています。
写真でトラス梁が直交の梁より浮いているのが分かりますか?



トラス8

柱と梁のボルト穴が合うようにトラス梁の位置を合わせています。
棟梁をはじめ、大工さん全員での作業です。
クレーンに指示を出す人、穴の位置を合わせる人、鋭角端を押さえる人、
チームワークが重要です。


時間の関係で、ここまでしか現場にいれなかったのですが、
この後、ボルトを締め付けるために空けていたところ(写真の左側)に
構造用合板を貼り付け完成です。
下では、早速次のトラス梁を組む作業が行われていました。

現場を見ることは大変勉強になります。
本当に「百聞は一見にしかず。」です。
これからはもっと積極的に現場に出よう!と強く思いました。


| 設計業務 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サボテンの花

♪ほんの~小さな~出来事に~♪

皆様、こんにちは。
スタッフの加藤です。

10月に入り、少し涼しくなってきました。
お変わりありませんでしょうか?

弊社はスタッフ一同、元気に業務に勤しんでおります。

変化といえば、2月に事務所を移転した際に
お祝いで頂いたサボテン君が、10月に入って突如異変を起こしまして、、、




こんな状態になっていました。

最初は、小さな突起物が3つほど飛び出していたのですが、
日に日に1つ、2つと減っていき、、、
気がつくと写真のように1つだけが大きく育っていました。

見た目が何とも言えない感じでしたので、
スタッフ一同、やきもきしながらその成長を見守っていたのですが、
この週末にようやくきれいな花を咲かせてくれました!!

サボテン1

とってもシャイなサボテン君は、
金曜日の夜、私が帰った後に花を咲かせたようで、
遅くまで仕事をしていたスタッフが写真に撮ってくれました。
ありがとー!

サボテン2

そして、何より、このサボテンを贈って下さったOさん、
ありがとうございました!!!
これからも大事に育てていきます。

みなさんも、機会がありましたら、
ぜひ、サボテンを見に(!?)事務所に遊びに来て下さい。
もう、花はしぼんでしまってますけど。。。

| 日々のこと | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |