FC2ブログ

株式会社川﨑構造設計 便り

福岡市南区の構造設計一級建築士事務所のブログです。

2010年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年12月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【鉄工所見学】株式会社共栄工業編

皆様、こんにちは。
スタッフの加藤です。

今回は、鉄工所見学レポート「株式会社共栄工業編」です。
これでレポートは最終回になります。

共栄工業さんでは、スタッフの皆さんに貴重な時間を割いていただき、
私達の質問にひとつひとつ丁寧に答えていただきました。

まずは、会議室で自己紹介と質疑の説明を受けました。
共栄工業8

ロボットでの溶接作業。
ロボットは24時間体制で従業員が帰った後も溶接をし続けている。
と聞いて、なるほど!と驚きました。
共栄工業6

パス間温度の管理。
言葉だけではなかなか理解しにくい部分がとてもよく分かりました。
共栄工業7

エンドタブの取り付け。 (中央部はウェブを裏あて金としています。)
共栄工業5

超音波探傷試験の説明をして頂きました。
とても詳しく教えていただき、理解が深まりました。
共栄工業1

見えますか?こんな小さな傷が超音波で正確に見つかるんですよ。
共栄工業2

原寸図
共栄工業4

テープ合わせ
共栄工業3

原寸図やテープ合わせは、もはや儀礼的に行なわれているようですが、
やはり、実物大の図面を見るのは必要な気がします。

共栄工業の皆さん、遅くまで残って説明していただき、ありがとうございました。

| 事務所行事 | 09:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【鉄工所見学】 市川工業株式会社編


ブログを御覧の皆様 いらっしゃいませ
スタッフの福島です。

続きましては 市川工業株式会社での見学会についてのレポートです。

Hグレードということで、とても大きい施設に圧倒されました。


まず惹かれたのが ロボット溶接 です。 くねくねと自由自在に動いておりました。
コア溶接をしているようです。
市川1


鉄骨搬出風景です。JOINT位置を決める際にイメージしやすくなりそうです。
一つ一つクレーンでトラックに積んでいました。結構時間がかかります。
20101030654.jpg

スパッタ除去作業風景です。スパッタとは溶接中に飛散するスラグや金属粒です。
丁寧に除去されていました。
201010301421001.jpg

H鋼の切断と穴あけが両方できるいかしたマシンです。
201010301428000.jpg

今まで鉄骨に対して拒否反応が出ていましたが、
鉄骨がとても好きになりました。

市川工業株式会社の皆様 本当にありがとうございました。


次回は 株式会社 共栄工業さんです。 

| 事務所行事 | 19:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【鉄工所見学】 株式会社イシバシ編

皆様、こんにちは。
スタッフの加藤です。

今回から鉄工所見学のレポート本編です。

まずは、株式会社イシバシさんです。
今年の10月にMグレードを取得されています。
工場内はきれいに整理されており、
従業員の皆さんも親切でとても好印象でした。

201010301041001.jpg


工場に到着すると、まずは奥の会議室に案内され、
工場長より工場の概要を説明していただき、
まずは、こちらから事前にあげていた質問についての説明と
それらに関連するディスカッションになりました。
その後、本題の工場見学へと移りました。

一次加工→溶接→保管 と製品の流れに従って工場を案内して頂きました。
◆一次加工
 プレートを必要な大きさに切ったり、ボルト穴を開けること。

 
 ↓切り取られたパーツ。
1


 ↓孔あけ機。ドリルあけです。
2


 ↓H鋼に穴をあけた様子。
3


 ↓穴を開けたらサンダーで黒皮をはぎます。
5


 ↓黒皮をはいだH鋼。
4


 ↓黒皮をはいだら、赤錆を発生させるために、発生剤を塗ります。
11


 ↓塗っている様子。
6


 ↓5分後には錆が発生します。
10


 ↓いよいよガセットプレートを溶接。
12


 ↓ガスシールドアーク溶接(CO2半自動溶接)
9


 ↓先端の形状 ガスを出しながら溶接ワイヤーと鉄骨を接触させたときにバチッと火花が出ます。
15


 ↓溶接面の中から見るとこんな風に見えます。真っ暗ですごく見えにくいです。
14


 ↓出来上がったコラム。
7


 ↓出荷を待つコラム。
8


株式会社イシバシさんでは、
作業場を身近に見ることができ、理解が深まりました。
なんといっても、実際に溶接体験もさせていただいた事が
とても良い経験になりました。ありがとうございました。


次回は、市川工業株式会社さんでの様子をレポートします。
お楽しみに。

| 事務所行事 | 20:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【鉄工所見学】 予告編

皆様、こんにちは。
スタッフの加藤です。

10月30日(土)、有志4名で直方、北九州の鉄工所

株式会社イシバシ
市川工業株式会社
株式会社共栄工業

の3社へ工場見学へ行ってきました。

この貴重な機会は、JSCA九州の青年部と鉄鋼工業会の青年部が
合同で行なった意見交換会の際に、
福岡県鉄鋼工業会の副部会長の、㈱イシバシの石橋社長に
半ば強引にお願いして実現したものです。

私達のような若手スタッフは意外と現場を見る機会が少なく、
特に鉄骨は日頃から親しんでいないとディティール等、
なかなかイメージがわかず、飛び交う用語も分からないものが
結構あります。

鉄工所の方々も、設計事務所ともっと近くで相談したり、
意見を交換したいとの声があったようで、
JSCA青年部との交流を積極的に行なって下さっていて、
今回も、石橋社長だけでなく、
青年部九州ブロック会長の株式会社OMテック小倉社長、
青年部福岡県会長の有限会社江藤製作所江藤社長が
1日同行して下さいました。

見学先も、直接お願いした、株式会社イシバシさんだけでなく、
市川工業株式会社さん、
株式会社共栄工業さんが受け入れて下さり、
予定見学時間をオーバーするほど、それぞれの工場にて
私達の質問、疑問につて親切丁寧に説明して下さいました。

本当に、一設計事務所の工場見学としては
ちょっと立派過ぎるような、、、とても有意義な時間を過ごしました。

工場の写真もたくさん撮らせて頂きました。
ブログへの掲載許可も頂いていますので、
これから数回に分けて見学会の様子をレポートしたいと思います。

今日は、見学会を開くことになった経緯を書いただけで
結構な量になってしまいましたので、この辺で終わりにします。
次回をお楽しみに。

16

【おまけ】溶接体験をする加藤。

| 事務所行事 | 20:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |