株式会社川﨑構造設計 便り

福岡市南区の構造設計一級建築士事務所のブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハワイに行ってきました!


1 - コピー







こんにちは。スタッフの山部です。

9月に挙式と新婚旅行のため、ハワイに行ってきましたので旅行の様子をご紹介します。

挙式前日にダイヤモンドヘッドを登って朝日を見に行きました。朝4時起きで、外は真っ暗の中、ダイヤモンドヘッドに向かいます。往復1時間程度で登れますが、予想以上に疲れました。昼間よりも朝はとても涼しく登りやすいので、オススメです!


2 - コピー







登山の後はダウンタウン、チャイナタウンへ。
歴史的建造物見学の為、ハワイ・シアター、カメハメハ大王像のあるハワイ州最高裁判所、アメリカ合衆国に唯一存在する宮殿であるイオラニ宮殿、池に囲まれた円錐形の建物のハワイ州政府庁、オアフ島最古の教会であるカワイアハオ教会、総石造りのセント・アンドリュース・カテドラル大聖堂等を見て回りました。


ハワイ・シアターは1922年にオープンして、84年に閉鎖されてしまいましたが、再びシアターとして再オープンしています。フォトスポットとしてもとても人気があるようです。


3 - コピー







イオラニ宮殿内部に入るためには、ガイドと回るグランドツアー、又は自分で回るオーディオツアー(日本語有)の見学ツアー参加が必須でした。私たちはオーディオツアーで宮殿内部を見学しました。自分たちのペースでゆっくり回りたい方はオーディオツアーがオススメです!ハワイの歴史が学べるので、ハワイに行かれる方は是非、内部ツアーに参加してみてください!


4 - コピー




5 - コピー







セント・アンドリュース・カテドラル大聖堂では挙式が行われていた為、建物内部をよく見ることは出来ませんでした。建物の雰囲気が良く、ハワイの教会で挙式をしたい方はオススメです。


6 - コピー






チャイナタウンのはずれに出雲大社がありました。大日本帝国からの移民によってつくられ、島根県の出雲大社の分社のようです。建物自体はとても大きいわけではありませんが、ハワイの街並みに馴染んでとても迫力を感じました。


7 - コピー






ダウンタウンからワイキキに戻る際にカカアコ地区を通りましたが、この地区全体にビルの壁や倉庫の扉などをキャンパスにしたウォールアートが施されていました。毎年世界中からアーティストを呼び集め、カカアコ地区の様々な場所で巨大なウォールアートを描くイベントが開催されているようです。


8 - コピー





私たちの挙式はワイキキ近くのチャペルで行いました。写真では逆光で見えていませんが、ガラス張りの向こう側には海とダイヤモンドヘッドが目の前に見えてとても綺麗です。海を覗くと、ウミガメが泳いでいました。2人とも木が好きですので、コアウッド調の内装が施されたチャペルを選びました。


9 - コピー




10 - コピー







挙式後、すぐにタンタラスの丘へ夜景を見に行きました。
タンタラスの丘はワイキキ市街を一望でき、昼間の景色も綺麗なようです。


11 - コピー






挙式までは日焼け禁止の為海に行けませんでしたが、挙式翌日からはハナウマ湾でシュノーケリング、ワイキキ水族館等に行きました。
ワイキキ水族館はアメリカの公共水族館としては2番目に古い歴史のある水族館です。規模はとても小さいですが、環境保護、海洋研究に力を入れており、ハワイ固有の海洋生物を見ることができとても良かったです!ハワイアンモンクシールはハワイ固有のアザラシで可愛かったです。ワイキキ市街から徒歩で行けるので、オススメスポットです。
ワイキキ水族館の横のビーチではウエディング撮影が行われており、人気のフォトスポットのようでした。


12 - コピー

















13 - コピー


最終日は、ハレイワ地区やラニアケアビーチに行きました。ハレイワはサーファーの聖地と呼ばれ、たくさんの現地サーファーの方がいました。
ウミガメに会えることで有名なラニアケアビーチは非常に行きづらい場所にありますが、バスを乗り継ぎ、何とか行くことができました。写真の黒い塊がウミガメです。あまり時間がなく、ウミガメが上陸するところは見られませんでしたが、運が良ければたくさんのウミガメを目の前で見ることができます。



14 - コピー




15 - コピー




16 - コピー






以上、ハワイの旅行の様子を簡単に紹介しました。挙式の様子も機会があれば紹介させて頂きます。



| 旅行 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawastructure.blog46.fc2.com/tb.php/173-32ea890a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT