FC2ブログ

株式会社川﨑構造設計 便り

福岡市南区の構造設計一級建築士事務所のブログです。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

料亭嵯峨野見学会 

皆様、こんにちは。
スタッフの加藤です。

2010年に弊社で構造設計をさせて頂いた、
料亭嵯峨野の見学会とお食事会を
新建築家技術者集団福岡支部3月例会として
開催させて頂きました。

↓女将と川崎事務所スタッフ(左から中島、福島、加藤、女将)
嵯峨野見学5


↓例会(食事会)の様子
嵯峨野見学1
参加者は16名でした。


お食事は松花堂にさせて頂きました。
嵯峨野見学2


食後にわらびもちとお抹茶を頂きました。(写真はほうじ茶)
嵯峨野見学3
本来は懐石を頼まないと通して頂けないという、
お座敷(大広間)で特別にお食事をさせて頂きました。
女将のご配慮に感謝です。
本当にありがとうございました!!!


食事の後は女将にご案内頂いて、
建物を全室、隅々まで見せて頂きました。
嵯峨野見学4


↓大広間
嵯峨野見学9
宴会の人数に応じて、堀コタツの位置が変わるそうです。


↓広間 高雄
嵯峨野見学11
真・行・草でいう、行にあたるお部屋です。
大広間が真。行が高雄(15畳)と嵯峨(12.5畳)になります。
(12.5畳の嵯峨に対しては15畳の高雄が真になるそうです。)
目隠しの塀は下がオープンになっており、川の水面がとても綺麗です。
日光が当たり、風通しも良くなるのでお庭の樹木の成長にも良いそうです。


↓欄間にもこだわりが!
嵯峨野見学12
金箔、銀箔、プラチナ箔を使い、夫々5~6枚焼き合わせ、竹刀をスライドさせて
切り、筆を滑らせなが糊付けしているそうです。【截金(キリカネ)の技法】
制作に一年以上を費やされたそうで、細工の細かさに脱帽でした。


↓廊下から中庭を眺める
嵯峨野見学6
廊下は全て畳廊下です。
ここだけの話ですが、、、写真に写っている柱は鉄骨です。
それをL型に加工した木で隠しています。
全く鉄骨だとは分かりません。技術の高さにホレボレしました。


↓広間 嵯峨からお庭を眺める
嵯峨野見学7
とても雰囲気が良いですよね。
すだれが目隠しとしても効果的に役立っています。


↓四畳半のお茶室にて。
嵯峨野見学10
八戸から来られた棟梁ほか大工さんのお仕事だそうです。
感嘆しました。入るだけで風情を感じます。
空間全体が風雅な空気で満ちています。
これぞ「わびさび」の世界。本当に落ち着きます。
女将曰く「一日にどの程度仕事が進んだのだろうか?」
と思うほどに細かいところにこだわって作られていたそうです。

私達、構造設計者は建物の設計に関わっていますが、
関わった建物がどのような空間に仕上がっていくのかは
意匠設計者の頭の中にあるので、全てはつかみきれません。
また施工監理の際も棟上まででだいたい出番は終わりになります。
今回のように出来上がった空間を体感したり、
実際にお施主様とお会いしてお話を聞いたり、
また、自分達の仕事として周りの方々にご紹介させて頂いたり、
というのは実は数少ない貴重な機会でした。

今回、このような機会を与えてくださった
料亭嵯峨野の女将をはじめスタッフの皆様。
また、新建築家技術者集団福岡支部
そして、快く見学会を許可してくださった
設計者の暮らし十職、前田さん始めスタッフの皆様。
心から感謝致します。ありがとうございました。

最後に、意匠担当者の永松さん
はるばる京都から駆けつけて下さる予定だったのですが、
インフルエンザでドクターストップがかかり来られなかったのは残念でした。
永松さんはこの見学会の為にも色々と段取りをして下さいました。
本当にありがとうございました。

嵯峨野見学8
↑(おまけ)瓦もこだわってます!
外からでも見れますので、お近くにお越しの際はどうぞご覧下さい。

| 設計業務 | 16:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ありがとう

丁寧な説明をして頂いて大変有り難うございました。
永松さんとお会いできなかったのは残念でしたが、加藤さんや川崎構造さんのおかげで充実した見学会になりました。今後ともよろしくお願いします。

| kasejima | 2012/03/14 10:22 | URL |

kasejimaさま
見学会へご参加頂きましてありがとうございました。
丁寧な説明をしてくださったのは女将ですが、、、無事に大役を果たすことができ、ほっとしています。
今後とも、また何かありましたらお声かけ下さい。
ありがとうございました。

| Chika KATO | 2012/03/14 22:17 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kawastructure.blog46.fc2.com/tb.php/89-0608c128

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT